2012年10月12日

第47話「スポーツクラブ殺人事件」

マズイマズイ…また1週間以上空くとこだった;何故に週が後半になるほどヒマがなくなる…どんどん目指す方向と逆に(T−T)

第47話「スポーツクラブ殺人事件」  〜犯人・殺害方法〜

~容疑者候補~
佐伯麗子:スポーツクラブオーナー、元高び飛込み選手
西条直也:佐伯スポーツクラブ所属の高飛び込み選手、色黒・茶髪(金髪?)
成瀬圭一:同所属の高飛び込み選手
木島久:同所属の競泳選手、耳にピアスをしている


・スポーツクラブ所属の高飛び込み選手・西条と成瀬が言い争い
⇒同所属の競泳選手・木島が仲裁に入るも同じく険悪
⇒木島も元高飛び込みの選手だが、西条に代表を奪われ競泳に転向

・西条が厳しい技に挑戦しようとしたところ、台に頭をぶつけそうに
⇒オーナー・麗子が西条を心配するも、西条曰く「助かって残念」な顔らしい
(麗子の鬼の形相…;)

・コナンが、西条と麗子の口論を目撃
⇒「噂で税務署が動き、オープンは潰れる」との言葉が
⇒すれ違い様、西条が「成瀬の隠し撮り写真」を落とす
⇒西条は練習中は青い耳栓をしている
⇒成瀬のことを「大事な金づる」と発言
(月夜の暗闇で高飛び込みをするシーン)

・「西条の死体がプールに浮かんでいる」と目暮警部からの留守電
⇒死因は溺死(口と鼻から細かい泡、耳からの出血)
⇒死亡推定時刻は20:00〜21:00ごろ
⇒遺体は水泳キャップをかぶっており、額部分にぶつけた跡
⇒飛び込み台にぶつけて溺死した事故か

・西条は一人で練習をしていた
⇒残りのスタッフは全員「お疲れパーティー」に参加していた
⇒隣のビルに住む老人が目撃者

・事件前西条がしていた耳栓は昼間とは違うもの
⇒高飛び込み選手がキャップを被っているのも不自然
⇒ロッカーからクロロホルムが染み込んだ布をコナンが見つける
⇒他殺の可能性が高い

・事件発生当時はモニター客が帰った後
⇒内部犯の可能性が高い
⇒パーティーは盛り上がっていた為、誰が出たかは分からない
⇒麗子は脱税疑惑、成瀬は不倫写真、木島は代表を追われたなど動機は有り

・目撃者の老人は絵描きが趣味
⇒毎日決まった時間に筆をとる
⇒ここで「電気を消して」練習していたことが発覚
⇒「美しいフォーム」とも証言したが、頭をぶつけて美しいハズがない
⇒同時に「キラキラと」美しかったと証言、絵にも描かれていた


@本当に練習中の事故なのか?


相=練習中の事故に見せかけた殺人
⇒犯人は元高飛込みの競泳選手・木島
⇒老人の絵の「キラキラ」は月光が「ピアス」に反射したもの
@犯人は被害者をクロロホルムで気絶させる
A被害者の服を脱がせ、耳栓をつけるも、いつもと違うものを着けてしまう
Bキャップをかぶせてコンクリートブロックに頭をぶつけさせる
(飛び込み台に毛や血痕を残さない為)
C被害者の服をロッカーに放り込み、鍵も掛けず立ち去る
⇒向かいのマンションから老人がいつもきまった時間に見ていることを利用
⇒顔を見られないために電気を消して練習を目撃させた
(それが逆にピアスを輝かせてしまった)

・証拠である犯行に使ったブロックを処理する暇はなかった

・「完璧な飛び込み」をしたことが、仇となった
⇒失敗の演技をすることは出来なかった

・動機は、事故のスキャンダルをネタに代表を脅し取られた為



◎今回の教訓…@やっぱり結局「違和感」!A今回こそ容疑者の特徴!
 飛び込みですか…ちょっと前に話題になりましたな(^−^;オリンピックもありましたが、「ス」が付く某お笑いタレント(隠れてねぇ!)の件もありましたしね(笑)


 それにしてもどうなんでしょう…全体として「強引だなぁ…」という感想がまず大きいですね;一応今回こそ「ピアス」という特徴を持つ人物が犯人と言うことの決め手になりましたが、現実に光るかは別にしても「そんなに上手く光るかなぁ」と疑問に思う人もいるのでは?(少なくとも自分はあまり実感はありませんねぇ)それこそ懐中電灯とか、ギリギリ手鏡ぐらいの大きさなら納得は出来るのですが。
 もう一つ。「本来台に頭をぶつけてはキレイなフォームにならない」というのも出てきましたが、そもそも何回飛んだか分からないのでは…老人はたまたまキレイなフォームを目撃しただけで、その後でぶつけた可能性だってあるのではと。まぁ結局木島さんがそのことについて触れちゃったので何も言えないですけどね(笑)


 ちなみに最初に触れた、オリンピックとタレントの事故の件で飛び込み特集をテレビで見たんですが、飛び込みの際「ピアス」や「キャップ」などを着けることは着水の際に結構危険らしいですね。なので曲がりなりにも代表クラスの選手がそれらを着けて飛び込まないことを、もっと前面に押し出した方が説得力は上がったかもしれませんね。というわけで、自分的には決め手が足りない感じなので、相変わらず解説になってません(笑)敢えていうなら、溺死のポイントが分かったことか(ぉぃ)



 ここからは毎度の脱線です。ほぼ一週間過ぎてしまいましたが、先週(今週?)の日曜(8日)に、日本代表の3人(厳密には2人と1頭)が話題になりましたね。F1の小林可夢偉選手が母国日本GP(鈴鹿サーキット)で初の3位入賞、テニスでは錦織圭選手がこれまた日本開催の楽天オープンで優勝!しかもロンドン金メダリストのマリーを破った選手に勝ったんですからすげぇすげぇ(笑)1頭は、ご存知オルフェーブル号ですね。フランス・ロンシャン競馬場での凱旋門賞に惜しくも2着!いやぁ、自分も最後の直線は「楽勝じゃん」と思ってましたよ(^−^;でもやっぱロンシャンは長いねぇ…あと50m短ければ(T−T)それでも夢見せてくれました。
 もちろんロンドンでもすばらしい選手はたくさん居ました。それを考えると、今回の話の被害者も容疑者たちも何と酷いことか…スポーツマンの風上にも置けません。代表が何の代表かは分かりませんが、もし日本代表だとしたら「日の丸を背負う」ことの意味をもっと考えて欲しいもんですね。実際オリンピックとかの補助金の一部は税金から出てるんですから。現実の選手たちはちゃんとしてることを期待します(人間だから…で済む話ではないですよ)。そういうお前はちゃんとしてるのかって?もちろん正しくダメ人間(笑)
あー…何の話でしたっけ?(笑)



posted by 眠りのトト郎 at 05:46| Comment(0) | コナン in1997 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。